閉じる

No.237『軽くなる生き方』松浦弥太郎

0804-1.jpg

 僕の場合、手に取った本を買う場合は、だいたいその本に対する自分なりのイメージを持っていて、期待できそうな本であることが第一条件になる。この本を買った理由は、松浦弥太郎さんの本を以前読んでいたことから、期待できそうだったことがひとつ。それから、最近思っていることとして、背中に何かを背負い込んで歩くみたいな生き方ではなく、もっと軽い生き方をしたいと思っていることも、この本を買った理由だ。
 松浦弥太郎さんの若い頃の体験談や生き方に関すること、それから仕事に対する思いなどが書かれている本だった。中には期待どおりの内容もあったけれど、少しイメージとは違う部分の方が多かったと思う。イメージどおりでなかったことが良くないことかと言うと、そうでもなくて、期待していたものとは違っていても、良かったと思える本もある。この本に関して言えば、僕の個人的な評価は普通なのかも知れない。期待し過ぎていたので、期待したとおりでなかったのが、こういう評価になった理由かも知れない。休日に家でのんびりと読むには、とても読みやすい本だったと思うけど。
(87冊目/2009年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's 日日のーと | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。