閉じる

No.244『家を買いたくなったら』長谷川高

0818-2.jpg

 家を買いたいと思っている人向けのはじめの1冊と言っても良い本でした。もちろん、宣伝しているわけではなくて、読んでみた実感です。難しくなく、最低限必要な知識を得られる本だと思います。印象に残ったのは、身の丈に合った家を買うことを勧めている点でしょう。住宅ローンを抱えてしまって、好きなこともできなくなることが覚悟できるかどうか、そういうことだと思います。そういうことも含めて、これからいろいろ考えて、具体化して行きたいと思っています。そろそろ、どこかに定住したくなったのです。これまでのような転勤生活をそろそろ卒業しようかなと思っています。これから、家とかマンションなどに関する実用的な本を読むことが増えるかも知れません。
(94冊目/2009年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。