閉じる

鎌倉の本

0919-2.jpg

 鎌倉の歴史や神社やお寺のことなど、何でもやさしく解説している本が、この『かまくら子ども風土記』である。鎌倉市教育委員会が発行している本で、価格は2,000円。子ども向けの本ではあるが、小難しい表現が無い分、とてもわかりやすくて、良い本だと思う。前に読んだ鎌倉の本に、この本のことが書かれていて、やっと昨日購入したと言うわけである。
0919-3.jpg
 ページをめくると、こんなふうな本である。写真はそれほど多くなくて、A4版くらいの大きさで、400ページあるので、読み終わるのはいつになるか分からない。もちろん、最初から順番に読んで行くのではなく、訪れた場所のことを後で拾い読みして、印を付けておくようにしたいと思っている。目標は、この本に書かれているところ全部を回ることである。さて、読み終えるのは、いつになるのだろう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。