閉じる

No.277『煩悩(ストレス)フリーの働き方。』小池龍之介

1009-2.jpg

 仕事って何だろう、仕事をする意味とは何だろう、そういうことを時々考えたりします。多分、答えの無い疑問なんだと思います。いろいろ考えることによって、更にストレスをためてしまうこともあります。この本は、そういう状態にならないよう、ある意味無心で仕事をしていれば、仕事をすることの意味なんて考えることもないだろうし、仕事をする喜びも分かってくる、そう主張している本です。確かにいろいろ悩んだり、迷ったりするよりも、今の仕事に集中することによって、何かが分かってくる気がします。そういう意味では、確かにそうだと思うこともあります。
 でも、やはり、何のために仕事をするのだろうと考え込む時期は、おそらく大勢の人が必ず体験しているのではないでしょうか。時には迷うことも、悩むことも必要だと思います。もちろん、この本がそのことを否定しているわけではないと思います。迷い過ぎて、悩みすぎてストレスをためてしまわないように、そう訴えているだけだと思います。
(127冊目/2009年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。