閉じる

No.303『「朝4時起き」ですべてがうまく回りだす!』池田千恵

1202-1.jpg

 この本こそ、早起きの僕にはぴったりの本だと思っていました。実際に読んでみると、早起きするのにいろいろな努力をされていて、僕などは自然に目が覚めるようになっているので、その点の苦労が無く、ラッキーだと思いました。でも、肝心なのは起きてからの時間をどう使って行くかということです。一言で言うと、重要だけど緊急でないことに使って、将来に備えるというのが、この本の主張だと思います。「種をまく」という表現をされています。確かにそうだと思います。大事なのは、目標や目的が明確であるということだと思います。僕の場合は、ブログを更新したり、写真を整理してアップしたり、鎌倉を歩いた記録をしたりするわけですが、それは飽くまでも何らかの手段であって、目的ではないわけです。その目的をもっとはっきりと持つことが、大事なんだろうと痛感しました。本を読むということも、何かの目的を持ってするべきでしょう。
(153冊目/2009年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。