閉じる

No.305『ガール』奥田英朗

1204-2.jpg

 奥田英朗さんの小説を読んだのは、この『ガール』が初めてです。登場するのは、5人のガールです。それぞれのガールは、とてもたくましく、魅力的なガールだと思いました。そして、とても格好良く、颯爽とした感じです。もちろん、いろいろな悩みも抱えているのですが、物語の終わりには、元気を取り戻し、再び颯爽と歩き出します。そういう終わり方も、爽やかな感じがします。読みやすく、すらすらと読めました。と言うことは、やっぱり相性が良いのかも知れません。たった1冊読んだだけでは、わからないので、また来年もう1冊読んでみることにします。
(155冊目/2009年)

No.305『ガール』奥田英朗」に2件のコメントがあります

  1. 初コメントです!
    いつも読んでますよ^^
    (さて誰でしょう?)
    奥田英朗さんの作品は私も大好きで、もう5〜6冊は読んでます。
    1文が短くて、端的で絶妙ですよね。テンポよくて好きです。
    初めて読んだのは『イン・ザ・プール』。
    たまたま病院で読んでいたのですが、笑いました。
    お勧めは『家日和』です!

  2. いつも読んで下さって、ありがとうございます。
    コメントをいただくと、本当に嬉しいですね。あまりコメントが多くないブログなので、嬉しいと同時に、もっと書こうというモチベーションアップになります。
    見た目で本を買ってしまうところもあるのですが、『ガール』は特にそうかも知れません。面白そうな表紙のデザインでした。『マドンナ』もそのうち読んでみたいと思ってました。
    『家日和』ですか。本のストックが山のようにありますので、来年になったら、是非読ませていただきます。
    また、気が向いたら、コメント下さい。期待してます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。