閉じる

パーソナル・マーケティング

0121-2.jpg

 将来なりたい自分から今の自分を引き算したものが、今やらなければならないこと。そういうワークをいくつかやってみることによって、自分をプロデュースするのがここで言うパーソナル・マーケティング。自分自身を素材にしてちょっと離れて客観的に見てみることで、これからやるべきことが見つかるかも知れない。そんなヒントを与えてくれる本だった。『パーソナル・マーケティング』は読んだけではきっと忘れてしまうから、いくつかあるワークを全部とは言わないまでもいくつか実践することによって、何かが得られそうだなと思える本だった。
(12冊目/2010年)
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。