閉じる

整理・整頓4S仕事術

0125-1.jpg

 整理術についてはかなり興味を持っていて、いろんな本を読んでいる。身の回りの物を整理することだけでなく、仕事そのものも整理の対象だったりすると思っている。仕事としての企画書についても、整理・整頓の結果を見せるものと言っても良いのではないかと思っている。頭の中の考えを整理できるかどうかで、頭がいいとか言われている気もする。それだけ整理・整頓は僕にとっては大きなテーマである。
 『整理・整頓4S仕事術』を読んで気づいたのは、職場全体としてチームで取り組む整理・整頓にはあまり興味を持っていないということである。効率的に仕事を進めるためには、絶対に必要なことだと認識している。むしろそういうことに敢えて時間をかけて取り組むことによって、職場の生産性はかなり向上するだろうと思っている。ただ今はあまりそういうことに取り組みたいと思っていないのである。それが何故なのか良く分からない。今は自分ひとりで取り組める整理術の方に興味を持っているのである。
(15冊目/2010年)
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。