閉じる

はじめての課長の教科書

0209-1.jpg

 この本が出版されて本屋さんで平積みされていた頃から、少し気になっていた。『はじめての課長の教科書』の最初の部分にも書いてあったが、この類の本のほとんどが中間管理職向けではなくて、経営層向けの本である。そういう意味では中間管理職向けのこのような本としては、はじめての本なのかも知れない。読みやすく、良くまとまっていて、とても良い本だと思う。課長になって結構年数が経ったのだけど、最近初心に戻りたいと思うこともあって、読んでみた。参考になる部分も多いけれど、個人的にはここは必要ないなと思う部分もあったように思う。
(22冊目/2010年)
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。