閉じる

持たない贅沢

0401-2.jpg

 タイトルや帯を見て買った本だけど、想像していた内容とは少しだけ違っていた気がする。それと一生懸命集中して読もうとしても、なかなか読み進めることができなかった。いつものペースよりも遅いペースでしか読めなかったのは、気のせいだろうか。読んでいても内容が頭に入ってこないのである。この本が良いかどうかではなく、相性みたいなものがあると思う。求めていた内容と食い違っていた点も、影響しているのだろう。
 僕が読書に夢中になって以来、かなり乱読で、ジャンルを決めて読んだりしなかった。本屋さんで見て、読みたいと思った本を読んできた。今年度からは、ある程度テーマを絞って本を読もうと思っている。そのひとつが整理関連の本である。整理とは不要な物を捨てることであり、さらに一歩進めるなら、不要な物を最初から持たないようにすることだと思う。そういう思いがあって、この『持たない贅沢』を買って、読んでみたわけである。これからも、時々整理に関連する本を読むだろう。持たないこと、買わないこと、求めないことなどというのも、整理のキーワードだから、こういう本をまた何冊か読むことになると思う。
(1冊目/2010年度)
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。