閉じる

踏み出すこと!

 車なんかもそうなんだけど、動き出す時が一番エネルギーが必要だ。断捨離を実行しようと思いつつ、最初の一歩が踏み出せない。一歩を踏み出した後は、そんなに大変じゃないと思うことが多いのに、なかなか始められない。いろんなことをやろうと思っていて、今できていることは僅かだと感じてしまう。
 考えてみると本を読むことも、昔の僕にとっては、かなり難しいことだった。1冊を読み終えるのに、とても苦労していたように思う。読み始めることさえできないままに終わった本も、沢山ある。動き始めると、案外苦にならなくなる。加速度というよりも慣性と言うべきだろうか、そんな力が加わるためか、自然に一歩ずつ前へ進むことができている。要するにそうすることが当たり前のようになれば、続けることはそんなに難しくない。
 仕事だってそうかも知れない。手をつけるまでに戸惑う仕事に関しても、いざ手をつけると案外短い時間で終わるものだ。何をやろうかなと迷っている時は、やらなくても良いことを漠然とやり始める。気が付いたら、かなり時間が経っていて、肝心のやりたいことに回せる時間がないと焦ることが多い。たまにはボーッとして、気侭に時間を過ごすことも必要だけど、常にやることが決まっていることが望ましい。
 こんなふうなことを考え、残りの半時間は読書をしようと決めている朝である。冬のように部屋はひんやりしていて、外では冷たい雨が降っている。
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。