閉じる

家日和

 先日横浜駅ビルの本屋さんで探したけど、無かった本を奥さんが覚えていてくれた。奥さんが図書館でたまたま見つけたので、借りてきてくれた。
 ちょうど前の本を読み終えたところだったので、さっそく今朝から『家日和』を読み始め、夕方読み終えた。家にまつわる6つの物語を集めた本である。前に読んだ本とも共通するけれど、奥田英朗さんはごくごく普通の人達の描写が実に上手い。ちょっとしたことで有頂天になる心の動きや、ばれたらどうしようと思いつつやってしまうのだけど、それもそのうちパートナーのことを考えて手をつけなくなる、そんな心の動きを描くのが上手だと思う。
 今ある本のストックの中にも、奥田英朗さんの本が3冊もある。ここまで読んできた限りでは、この3冊も十分期待できそうである。面白いと思える本、先を読みたくなって止まらなくなった本、こういう本に巡り逢えると良いのだけど。
(14冊目/2010年度)
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。