閉じる

4月最終日の朝に

 京都と鎌倉の違いは、いろいろあると思う。お寺の雰囲気や街全体の地形など、様々な違いがある。決定的なのは鎌倉が海に近いということかも知れない。鎌倉という街は、お寺や神社などの歴史的な風景を楽しむこともできるし、こんな風に海辺を歩いたり、サーフィンをしたりすることもできる。そこがまた良いところかも知れない。海というのは開放的な場所である。広々とした海と空を見ていると、自然に歩くスピードもゆっくりになる。歩くスピードがゆっくりになると、いろんなものに気づくようになる。人生も急がない方がいろんな楽しみに気づくのかも知れない。
 4月も今日が最後になる。やろうと思って、ほぼ予定どおりできたこと、全然できなかったこと、いろいろある。それはそれでゴールデンウィークに取り戻せるだろうし、焦らず少しずつ取り戻して行けば良いだろう。物事を続けて行くための条件は、途中で投げ出さないことだと思う。うまくいかないから、途中で止めてしまうと、そこで終わる。諦めないで、できるところから始めてみると、案外簡単にできることもあるようだ。
 写真を遡って整理し、ホームページにアップして行く作業をしている。昨日も今朝も少しずつ進めて行くことができるようになった。できないことを嘆くよりも、少しでもできたことを心から喜ぶようにしたいと思う。そうしていけば、できることが少しずつ増えていくのだろう。今日は仕事についても、ちょっと先のことも考えて、やろうと思うことを書き出してみたいと思う。
 出勤の支度を始める前に、昨日できなかった読書を少しでも、進めておくことにしよう。
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。