閉じる

迷いを解消するためには?

 今朝も1年前の写真を振り返ってみた。北鎌倉の東慶寺では、アジサイやイワタバコの花が咲いていた。写真の金仏の後ろ咲く花菖蒲もご覧のとおりだった。今年はどうなんだろうと思うが、きっと気温が低めだったせいでどの花も遅れているんじゃないかと思う。こうして振り返ると、1年はあっと言う間に過ぎてしまっていると痛感してしまう。
 自分自身が何をやりたいのか、夢みたいなものだけでなく、今日をどう過ごしたいのか、そういうことまで見失っている気がしてしまう。いつものこの朝の時間を、どんなことに費やすか、そのことを考えているだけで時間が流れてしまっている、そんな焦りを感じてしまう。できていることと言えば、依然として本を読むことと、こうしてブログを更新すること。起きた証拠をTwitterに残すことなどである。まさにやりたいことは沢山あって、どれから手をつけて良いか分からない状態だ。そして、沢山ある中のどれが自分として一番大切なのか、迷っている状態だ。
 迷いながら、考えて動けないまま、時間は淡々と過ぎて行くから、それが焦りに繋がっている。心のどこかで、何か素晴らしい箴言やヒントに出会えて、一気に解決するみたいな期待感を抱いている気がする。それを待っていれば、今抱えている問題は一気に片づくみたいな気になっているわけである。でも、ひとつずつ片づけて行く以外に出口は無いだろう。分かっていながらそれができない。何だか同じところをぐるぐる回ってしまっているようだ。今日こそ、何かひとつだけでも、変えてみたいと思う。
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。