閉じる

松浦弥太郎の仕事術

 なるほどそうだなと共感できる本には、時々出会うことができる。実践してみたいと思う仕事術にも、これまで何度も出会っている。でも、これがいい、自分にぴったりフィットしていると思えるものには、なかなか出会えない。
 自分にぴったりだと思えるのが、この本であり、松浦弥太郎さんの本を読むといつもそう思うわけである。そして、もう一度読みたいから、大切にしまっておこうと思う本になるのが、松浦弥太郎さんの本なのである。
 例えば、仕事で使う道具を大切にしている人は多い。だから体も大切にしたい。健康管理はきちんとやるべきというのが、そうしなくちゃと思ったひとつだ。
 或いは休日を充実させることが、良い仕事をする条件ということ。丸ごと自分が自由に使える休日は、充実したものにさせるセンスを磨く。そうすれば良い仕事ができるようになる。そんな考え方も共感できるし、僕が思っていたことと同じだと思う。
 読みやすいので、サラサラと1日で一気に読んでしまったものの、この本は少しずつ毎日読みたくなるような、とても素敵な本だと思う。
(40冊/2010年度)…あと17冊
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。