閉じる

STAEDTLERの鉛筆

 文房具好きだけど、特に好きなのは書くことに関する文房具だ。鉛筆やボールペン、万年筆が大好きで、ノートもあれこれ沢山買っている。とても使い切れないくらいかも知れない。特に万年筆には特別な執着心がある。将来的に書くことで一定の収入が得られるようになるなら、ペリカンのスーベーレンM800が欲しいと思っている。
 鉛筆を使って文字を書くことにも、一種の憧れを感じている。いつか絵を描いてみたいと思っていて、柔らかい芯の鉛筆が欲しいと思っている。ずいぶん前に同じSTAEDTLERのちょっといい感じの鉛筆を、丸善本店で見つけて買おうかなと思ったことがある。実際に使うかなと思って、買うのを思いとどまったけれど、今でもあの鉛筆には未練がある。
 「ひらめきを生みだす鉛筆」というコンセプトのWOPEX(ウォペックス)に未練がある。特に2Bの書き味がとても良かった記憶がある。鉛筆と言えば、筆記具の原点だろうから、最近はいろいろな鉛筆に興味を引かれているのである。
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。