閉じる

朝ウォーキング No.78

 これでも5時半頃の写真なのだ。薄暗いと言うよりも、まだ暗い夜なのである。今朝家を出たのは、午前5時ちょうどだった。外はまだ真っ暗な夜の闇に包まれていて、町も眠っている。スーパーに商品を運び込むトラックだけが、活動している時刻のようだ。雨が降っていたせいか、いたち川沿いを散歩している人も少なかった。
 本当はもう少し明るくなってから、ウォーキングをしたいと思っている。美しい日の出やカワセミなども、こんな暗い時刻では見られないから。ウォーキングの時刻を遅くすると、ひとつだけ問題がある。ウォーキングを終えて、シャワーを浴び、さっぱりとした気持ちで楽しむ朝の時間が、短くなってしまうことだ。この時間が今の僕にとって一番大切な時間なのである。ウォーキングをもっと前倒ししたいくらいなのである。
1013-3.jpg
 いつもの鉄塔の周りの空は、こんな感じだ。まだまだ夜の顔である。デジカメの夜景モードで撮るのがちょうど良い感じである。今朝の空が厚い雲に覆われているせいで、いつもより夜の顔が長く残っているのかも知れない。この先の1週間もあまりお天気は期待できそうにない。
1013-4.jpg
 昨日会社の帰りに大船駅の本屋さんで買った雑誌。「本屋さんと本の特集」にひかれて、ついつい買ってしまった。どうせ暮らすなら、素敵な本屋さんがある町に住みたいと思うくらい、本屋さんという場所は大好きな場所である。お気に入りの散歩道があって、その途中には素敵なブックカフェがあり、コーヒーを飲みながら本を読み一休みする、そんなところが理想かも知れない。
 雑誌を買うと、安心してしまう。買って持っているだけで、いつでも読めると安心してしまう。そのままろくに読まずにねかされる。そういう状態になることが多いので、雑誌を買ったらちゃんと読むことにしたい。もちろん、隅から隅まで読む必要はないと思う。そんなことをしていたら、時間がいくらあっても足りないから。
]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。