閉じる

意識的な生き方へ

今朝はウォーキングを本当にさぼってしまった。今までは雨だとか、さぼってなくてもサイトに登録を忘れたとか、そんなところだったけど、今日は意識的にさぼった。このブログを更新する時間が、もっと必要になって、それと比べた結果である。このままだらだらと毎日さぼってしまう心配はない。 僕はだいたいにおいて、気分屋である。気分が乗ったら、もしかすると能力以上の働きをするし、きびきびと行動するかも知れないし、徹夜の連続も耐えうる自信がある。逆に気分が乗らないと、流されてしまう傾向が強い。ずっと前からそうかも知れないけれど、最近も痛感していることは、もっと意識的にならなくてはということだ。 「意識的」ということの僕なりの解釈は、目的を持って行動したり、考えたりすることである。「気分屋」というのは、周囲の状況に流されて行動することだ。つまり上司に褒められて調子に乗ってバリバリ仕事をするようなことだと思う。「意識的」とは誰が何を言おうが、自分自身が意識している目的や哲学や思いによって動く。もちろん、周囲のことを無視しているかと言うと、そうではない。「意識」を作る段階で、配慮されているものである。むしろ「気分屋」の方が自分勝手なのだろう。 『3週間続ければ一生が変わる』と『3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉』を読んで、気になる項目を書き出し終えた。書き出したものを見ながら、僕として実際にやりたいこと、見習いたいことは何かと考えた時に、まず頭に浮かんだのが『「気分屋」から意識的な生き方へ』という章のタイトルだった。 何を思っているかと言うと、昨日も書いたことだけど、「自分自身を変えてみよう」ということなのである。このところずっとそういうことを考えているので、もっとそのことに集中してみようと、改めて気持ちを固めておきたかった。]]>

意識的な生き方へ」に2件のコメントがあります

  1. お久しぶりです。
    私はストイックな生き方ができなくて、続けようと思い始めたことも気分次第で進行が止ったりします。
    何度も「これは改めなきゃ」と思いつつ「楽」を選んでしまいます。
    私も今一度、自分自身を見つめなおして変えていきたいと思いました。
    春風さんのブログは心の清涼剤。
    ぐちゃぐちゃぐるぐるした心にスッとしみる言葉、目が覚める思いです。

  2. naomiさん、お久しぶりです。
    僕もずっと「改めなきゃ」と思っていたことなので、naomiさんと同じなんです。
    「心の清涼剤」だなんて、とても嬉しいです。
    もっとそう言ってもらえるように、がんばろうって、やっぱり気分屋さんなんですね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。