閉じる

断捨離のすすめ

[/caption] 『断捨離のすすめ』を読むのは2回目です。1回目に読んだ時には、絶対に実行しようと思ったものですが、実行できないままもう半年も過ぎてしまったことになります。相変わらず僕の部屋の机の上は、物が散乱していたり、溢れていたりします。落ち着かない状態で、ブログを更新しても、良い文章は書けない、そんな気になってきます。そういう意味では、この本に書かれていることには、同感です。もしも断捨離を実行できたなら、何かが変わりそうな気がします。 さっそくすぐにでも実行しなくてはと思っています。本を読んだ直後は、そういう気持ちになっています。その気になるために再読したからです。この感覚を忘れないうちに実行することが大事だと思います。だめ押しをするためにも、今日も整理本を何か読もうと思っています。 (139冊目/2010年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。