閉じる
美瑛・富良野の旅

「2度書き」手帳術

[/caption] この前読んだ手帳術の本が、僕がイメージした手帳術でなかったこともあり、きっと「手帳術」というキーワードが頭の中にあったんだと思います。そういう状態で本屋さんに立ち寄ると、ひっかかってくるのはやっぱり「手帳術」に関する本です。そういう状況の時というのは、たまにあるもので、同じような本を複数買って来ることになります。今回は2冊で済みましたが。『マンスリー&ウィークリーで幸運を呼び込む「2度書き」手帳術』がそのうちの1冊です。さっそく読んでみました。 手帳セラピーのさとうめぐみさんの本で、知らなかったのですが、彼女の手帳「シンクロニシティ手帳2011」も発売されています。「手帳セラピー」ということなので、女の子向けの本かなと思いつつ、本屋さんでパラパラと捲ってみたらそうでもなさそうなので、読んでみることにしました。「2度書き」手帳術とは、まずマンスリーページに予定を書き込んだりして、毎週1回それをウィークリーページに書き写すというステップを踏むので、そういうタイトルになったのだと思います。一度マンスリーページに予定を書き込むことで、1か月を俯瞰できますし、1週間の初めにそれをウィークリーページに転記することで、これからの1週間の心構えもできそうです。面倒なようで、僕としては良さそうな手帳術だと思いました。 それほどページ数もなく、読みやすい本ですから、ほぼ通勤の片道だけで読んでしまいました。読み終わった時には、この手帳術を実践して試してみたくなりました。他にもいろんなルールややり方が書かれているので、もう一度お復習いのためにざっと読み返して、メモを取っておこうと思います。 (152冊目/2010年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。