閉じる

師走の嵐

バケツをひっくり返したような雨とは、今朝の雨のようなことを言うのだろう。そろそろ家を出て駅に向かう時刻が近づいた頃、窓の外は薄暗く雨風で遠くも見えない状況になっていた。ビニールの雨合羽を着て行くべきか悩んでいたけれど、それを着たとしても外には出たくないような雨だった。そんな雨と風も一瞬ぴたっと止んだ。そんな隙間を狙って、無事駅まで行けた。

最寄り駅を出る時、電車は遅れていなかった。進むにつれて徐々に遅れ始めた。先の駅でホームがお客さんで埋め尽くされ、安全確認をしているとか、各駅に電車が停車していて先の駅の電車が発車次第動き出すとか、今日はいろんなアナウンスで、本に集中できなかった。車内も混雑していて、ざわざわした感じだったせいもある。いつもの半分も本を読めなかった。

今日は午後から半日お休みをもらっていた。歯周病治療のため、左上の歯茎を切開して汚れを取る日なのである。ちょっとした仕事を午前中のうちに済ませ、来週のスケジュールを確認したりして、あっと言う間に会社を出る時間になった。歯医者さんの予約は午後3時。1時間くらいは時間があったので、歯医者さんの近くのカフェで本を読むことにした。

僕が勤務している職場がある港区芝浦辺りは、高層マンションも多くオフィス街と住宅街が混在している地区かも知れない。そんな環境のせいか、カフェにもご近所の主婦の方々が今日のような昼間には多いようだ。咳があまり空いていなかったせいもあり、年配の主婦3人組の隣に座った。今日は本を読めない日のようで、その3人組の賑やかさで活字が頭をすり抜けて飛んで行く感じだった。ひたすら雑音に負けないよう念じていたのだけど、やはりページを捲るペースは半減していた。

歯医者さんでは麻酔から手術が終わるまで、約1時間半くらいかかった。歯医者さんのあの椅子に横になって1時間半というのも結構疲れる。麻酔がきいているので、何をされても痛くないから、耐えなければならないのは同じ姿勢を保つこと。今日は良く頑張ったからと、帰りに横浜のLOFTで文房具を見て帰ることにした。買おうかなと思ったものもあるにはあったが、それほど気乗りしなかったので、買って帰ったのはダークブラウンの靴墨ひとつだった。あと本屋さんに寄って、文庫本を2冊買ったけど。

今朝も風が強かったが、その風はかなり生暖かく気持ちが悪いほどだった。帰って来たら少し冷たい風がビュービュー吹いていた。朝も夜も風が強い日だ。夜の風は少し冷たい感じがした。師走の嵐は鎌倉のお寺の屋根を飛ばしたようだ。本来ならこの時期関東地方は晴天が多い筈。今年の冬も異常気象なのかも知れない。鎌倉の紅葉が進んでいるかどうか、気になる週末である。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。