閉じる

ストレスフリーの仕事術

[/caption] 『ひとつ上のGTDストレスフリーの整理術実践編』が出版されたのを契機に、なかなか実践できなかったGTD(Getting Things Done)を始めようと思った。それなら以前読んだGTDの本を最初から読み返してみようということになり、『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』と『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』を読むことにした。 『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』は、GTDのエッセンスが52項目にわたって書かれている本。この本の中では、「エッセイ」と表現されている。GTDの基本的な考え方が解説されている文章だと思う。『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』で全体を把握し、この本で分解されたエッセンスをひとつずつ読むのは、かなり効果的かも知れない。そして全体を忘れた頃に、この本の第5章でGTDのやり方が簡潔にまとめられていて、これはいいと思った。実践できそうな気になってくる。 そんなわけで、いよいよ次は『ひとつ上のGTDストレスフリーの整理術実践編』を読んで実践することになるのだけど、読み終える前から実践は始めることにしたいと思う。今日読み終えた本の50番目にあるように、「何かを知るためには、何かをしなければならない」からだ。 (158冊目/2010年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。