閉じる
OSTERIA E BOTTEGA Sesse@茅ヶ崎

30歳からの暮らし方

[/caption] 「天然生活」という雑誌に連載されたエッセイ集。本屋さんで見つけて、装丁にも惹かれて買った本。印象的なのは、「はじめに」の冒頭だった。「日常のなかの、ほんのささいなことを大切にできる人に憧れます」という言葉だった。僕が最近感じていることは、日常というのはほんのささいなことの積み重ねで、それを大事にできる人になりたいということだ。憧れと言うよりも、僕にとっては理想なのだと思っている。 そんなわけで、『30歳からの暮らし方』を読んでみたのだけど、30編を越えるエッセイのうち、いいなと思ったのは少しだけだった。だからと言って買ったことを後悔する本ではなく、期待が大きかったのと、期待した内容がそれほど多くなかったということだ。長い休みにゆったりと読むのにちょうど良い、素敵なエッセイ集だと思う。ワクワク、ハラハラ、ドキドキの本も楽しく読めるけれど、こういう静かに読むのにぴったりの本が良い。ゆったりと時間が流れる休日に、ひとりで落ち着いて本を読みたいと思う。そういう場面にぴったりの本だと思う。こんなエッセイが書けたらいいなと思いながら、今年最後の完読本をそっと閉じた。 今年読んだ本は再読本も含めて、全部で168冊になった。そのうち小説は、50冊を越えるくらいで、約3割を占める。今ある本のストックは、小説がほとんどだったりする。新年は小説を沢山読みたいと思っている。新しい年の始まりまで、あと8時間となった。 (168冊目/2010年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。