閉じる

新年の抱負

[/caption] 予定時刻を大幅にオーバーして、約2時間くらいかかってとりあえず描いたマインドマップ(のようなもの)。描いたのは何回目なんだろうか、数えるほどである。これくらいで奥の深いマインドマップはマスターできていないだろうけど、とりあえず僕にしか描けないものだと思う。楽しく描くことが良いらしいので、少し飾り付けをしてみた。 [caption id="attachment_1442" align="aligncenter" width="600" caption="マインドマップ2011(飾り付け後)"][/caption] とりあえず下手なイラストを入れてみて、そこら辺にある物の力も借りて、賑やかにしたのがこちら。もっと時間をかけたら良いものもできたかも知れないけれど、元旦が終わってしまっても面白くないので、これくらいで良しとしたい。 というわけで肝心の中身の話、2011年の抱負について語ろう。 それぞれレベルは違っているかも知れないけれど、とりあえず6つの軸を作った。自分自身を支えるものとして、マップ下側の「住む場所」と「読書」から語ろう。「住む場所」を見つけることは、今年最大の目標だ。これまで長い間転勤族をしてきて、そろそろ落ち着いて暮らしたいと思い始めたのは、2009年頃のこと。転勤したばかりで、意識しつつも行動に結びつかなかった。翌年2010年も考えているばかりでなかなか行動できなかったが、ついに年末になってモデルルームを回って勉強を始めたところだ。いろいろ考えるところはあるけれど、一番大事にしたいのは「自分らしさ」とか「落ち着ける居場所」みたいな部分である。贅沢を言えば切りが無いし、資金も必要になってくるから、身の丈に合ったところで良いと思う。 次に「読書」なのだけど、これはここ3年ほど続けてきた自己啓発みたいなものだから、今年も大事にしたい。これまでを継続するだけと思っているけれど、小説を沢山読んだり、ビジネス本もテーマを決めて集中的に読むなどしたいと思っている。 新しい場所に引っ越すためには、やはり不要な物はばっさり捨てて行きたい。不要な物をお金をかけてトラックで運び、新居の収納を圧迫するのも馬鹿らしいと思うからだ。「断捨離」を実行する時がきたのだ。転勤族ゆえに拘りきれなかった物というのもあるから、この際自分好みの物にこだわるためにも、不要な物は捨て去ろうと思っている。まずは自分の部屋、身の回りから始めてみせないといけないだろう。 「読書」 の上には「自分」という軸を置いた。最近考えているのが、「自分は捜せない」ということ。「自分探し」というフレーズはとても気持ちが良いけれど、そんなもの見つかる筈がないと思っている。「自分」は探すものではなく、「自分」で作り上げるものだと思う。こうなりたい「自分」が大切なのである。そういう思いを持つことも大事だ。 「仕事」については、古いやり方を変えていくことを実行したい。そのためには、今のやり方を見える形にして、その上で不必要なものや変えないといけないものを見つけ、変えていくこと。変わったままにしておくのではなく、その手順などは見える形にしておくこと。欲張らずにそういうことだけを考え、実行していくことにしたい。 最後にプライベートでは一番思いの強い「書くこと」である。「書くこと」が好きだから、こういうブログも書いている。ホームページも作りたいと思うし、手書きの日記や手帳も好きなのである。筆記具やノート好きなのも、全ては「書くこと」に寄せる思いがあるからだと思う。自分として一番好きなことを、もっと大切にしたいということが2011年の一番の抱負だ。これまでは好きだと思っているばかりで、具体的に何もできないことが多かったけど、今年は好きだと思うことを「始める」「チャレンジする」「やってみる」で行きたい。 すっかり長くなってしまったけど、初詣で祈願する前に、祈願する対象をしっかりと認識することができたと思う。気持ちの良い朝になった。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。