閉じる
北海道の旅2002

極め道ー爆裂エッセイ

[/caption] 三浦しをんさんの初エッセイ集を読んだ。ある作家の本を全部読んでみたいと思うと、思った時点から出版された順番に読み始めてみたりするのが定番になっている。三浦しをんさんの場合は、エッセイ集を出版順に読んでみようかなと思った初めての作家かも知れない。『極め道―爆裂エッセイ』を読んでみて、噂には聞いていたが、やっぱりと思うところがあった。エッセイというものは、だいたいそういうパターンなのだろうけど、日常のある出来事について書き始め、作家の思うところや考えを書いていくパターンである。三浦さんのエッセイは、作家の思うところや考えの部分が、「妄想」に変わるエッセイである。ある時はショートショートみたいな小説だと思えるほど、「妄想」が広がって行く。そういうところが、三浦さんのエッセイの特徴である。1冊やそこら読んだところで、三浦ワールドは理解し難い。もっと沢山読んでみたいと思う。中年男性がレジに持って行くには、ちょっと恥ずかしくなる本の装丁なので、改善を要求したいが、出版されたものについては手遅れだ。 ( 31冊目/2011年)  ]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。