閉じる

犬と本の話

[/caption] 昨日ちょっとショッキングなことがあった。引っ越したらすぐに犬を飼おうと思って、時々ペットショップを覗いているのだけど、目をつけていた子が売れてしまった。これで目をつけていた3匹の子犬は、ことごとく売れてしまったことになる。しかも立て続けにである。奥さんの好みの犬でもあったので、早ければ来週には予約してやろうかなと思っていたくらいだったのに、とても残念だ。 しばらくはネットで情報収集をしていて、見つけたら即購入できる時期まで待っていようと思う。引っ越し後の一番の楽しみは、犬を飼えることなのだから。 犬を飼うことと並んで楽しみに思っているのは、自分の書斎が持てることである。大きな机や本棚を置くと、狭苦しく感じるような小さな部屋だけど、早起きをしてゆったりとブログの更新ができる部屋を持てる。これを機会に長く使っていた机を買い替えることにした。本棚は奥さんが使っているものを使う予定である。 本は沢山読むけれど、だいたいはすぐに売却している。必ずもう一度読もうと思った本か、時々パラパラと捲って、何かの参考にするための本か、そういう本だけを残しておくことにしている。今は読むかどうかわからないというグレーゾーンの本も残しているけれど、引っ越し前には読みそうもない本は、売却処分することにしたい。どんなに大きな本棚を用意しても、このペースで本を読んでいたら、あっと言う間にいっぱいになってしまいそうだから、保管する基準は持っておきたい。壁面いっぱいの本というのも魅力的だけど、僕の場合やはりすっきりした感じの部屋の方が良い。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。