閉じる

神去なあなあ日常

[/caption] この本を読むのを楽しみにしていた。そう思っていながら、読むのが遅くなってしまった。とても面白い本である。面白さにはいろいろあって、どんどん次を読みたくなってくる面白さもあり、かえってゆっくり読みたくなる面白さもある。強いて言えば、『神去なあなあ日常』は後者の方だと思う。流行の言葉で言うと、読んでいてとても癒される小説なのである。 三浦しをんさんの本は、これで7冊目だ。ちょっと難しい小説と、とても面白い小説に分かれている気がする。この本は後者の方で、どうやら「白しをん」と呼ばれている作品群らしい。三浦さんの作品も、そのうち全部読んでみたいと思っている。 ちょっとだけ、この本のことに触れておこう。舞台は三重県の山村。都会育ちの主人公が、親にはめられて、この山村の林業に就職して、そこでの体験談のような形で、物語は進んで行く。ありきたりの表現をすると、主人公がいろいろなことを経験し、成長して行く物語なのである。とても面白く、良い小説だと思った。 (71冊目/2011年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。