閉じる

マリアビートル

[/caption] 朝の時間も使って、やっと『マリアビートル』を読み終えた。東北新幹線を舞台に繰り広げる”業者”たちの争いがスリリングに描かれていて、最初から最後まで目が離せない面白さだった。やっと読み終えたというのは、この本が500ページ弱の分厚い本だったからだ。伊坂さん得意のそれぞれの登場人物の目線で語られて行く形式は、時々難しく感じる場合もあるけれど、この本では返って効果的だったんじゃないかと思う。 『グラスホッパー』の続編。伊坂さんの作品の中で、殺し屋が大勢登場して、内容的にはちょっと残酷なシーンもあったりするのだけど、登場人物がユニークだったり、そんなわけないのだけど善人や憎めないキャラだったりする。ある意味、とても伊坂さんらしい作品なのかなと思う。『グラスホッパー』はかなり前に読んだので、記憶は曖昧だけど、面白さは『マリアビートル』の方が上だと、個人的には思っている。 ( 96冊目/2011年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。