閉じる

『風待ちのひと』を読んでいる

四十九日のレシピ』が気になって買っていたのだけど、伊吹有喜さんのデビュー作が文庫になっているのを見つけ、どうせならデビュー作から読んでみようと思ったのが、きっかけである。 続けて『四十九日のレシピ』も一気に読もうかなと思うような作品だと思う。 風待ちのひと (ポプラ文庫) 伊吹 有喜 風待ちのひと (ポプラ文庫) 四十九日のレシピ 月のうた (ポプラ文庫) 真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫) 太陽のパスタ、豆のスープ スコーレNo.4 (光文社文庫) by G-Tools]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。