閉じる

あと4冊は読もう!

村上ラヂオ』を読むことにした。ページ数は200ページちょっとで、しかも大橋歩さんの挿絵が多い。読みやすそうな感じが良い。ほとんど迷わずこれに決めた。鞄に入れても重くなさそうなところも良い。 実はこの『村上ラヂオ』だけど、先に続編を買ってしまった。『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』の方。買ってめくっていると「2」だということに、すぐに気付いた。これは「1」から読まなくては、ということになったのだけど、本屋さんに行ったら平積みされていた。さっそく買ったのは良いのだけど、実は文庫本もあったということに後から気付いた。中身とは全然関係ないけれど、そんな経緯があった。 ちなみに残りの3冊だけど、角田光代さんのエッセイと対談集、それと小説なんだけど伊吹有喜さんの『四十九日のレシピ』を読みたいと思っている。いまのところ、だけど。 村上ラヂオ 村上 春樹 大橋 歩 村上ラヂオ おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 村上朝日堂はいかにして鍛えられたか (新潮文庫) 村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫) 村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫) 村上朝日堂はいほー! (新潮文庫) by G-Tools]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。