閉じる

角田さんのエッセイを読んでいる

何も持たず存在するということ』を読んでいる。2002年頃から2006年頃までのエッセイを本にまとめたもののようで、角田光代さんのエッセイを存分に楽しめる本だった。今日中には読み終える予定である。今月中には、『水曜日の神さま』を読み、角田光代さんのエッセイ集は全部読み終えることになる。沢山本を出されている方なので、漏れがあるかも知れないけれど。 今日『何も持たず存在するということ』を読み終えたら、荻原浩さんの『さよならバースディ』を読む予定。今月読みたい本の中の文庫本である。さすがにハードカバーを2冊持ち歩くと辛いから、文庫本を選んだのである。読書に対するモチベーションは高い状態を維持していて、今月は2日に1冊ペースを守れそうだし、今月読みたい本をかなりの割合で読めるんじゃないかと思う。 何も持たず存在するということ水曜日の神さまさよならバースディ (集英社文庫)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。