閉じる

『水曜日の神さま』を読んでいる

水曜日の神さま』を読んでいる。昨日もしくは遅くとも今日には読み終えるだろうと思っていたのに、なかなか進まない。 昨日の朝、往きの電車の中で読み始めたものの、早起きし過ぎた影響で無性に眠くなってしまう。横浜から座った段階で、気を取り直そうと読み始めたが、案の定全然読めなかった。 会社の昼休み、これもちょっとしたハプニングで休憩時間が短くなってしまい、全然読めない状態だった。やっぱりある程度集中できる状態でないと、なかなか読めないものだと実感してしまった。 帰りの電車の中、品川から横浜までの間は激混み状態で集中できず、ほとんど読めなかった。250頁くらいの本なのだけど、残り90頁くらいまで読めただけである。 そんなわけで、今日には読み終えたい気がするけれど、今夜は飲んで帰る予定だから、帰りは読めないと思っておいた方が良さそうだ。これから、少し読み進めておきたい。 水曜日の神さま 角田 光代 水曜日の神さま 何も持たず存在するということ 私たちには物語がある よなかの散歩 (ORANGE PAGE BOOKS) いつも旅のなか (角川文庫) 今、何してる? (朝日文庫) by G-Tools]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。