閉じる

MD notebook diary 2012 & Faber-Castell

[/caption] 今月から始めた新しい習慣は、読書日記を付けること。これまでは、ほぼ日手帳の月間ダイヤリーにいつ本を読了したかを記録して、あとはブログと読書メーターに感想などを書いていた。それに加えて手書きの読書日記を書き始めることにした。 筆記具はいろいろ使うが、先日のルミネの10%オフで買ったファーバーカステルの万年筆は日記の本文を書くのに使っている。万年筆や筆記具好きなので、沢山あって使わないままになっていたりする。だから、このペンはこういう場合に使おうというふうに、ある程度使う場面を設定しておくことにした。 [caption id="attachment_4356" align="aligncenter" width="600" caption="2012 DATE BOOK & Faber-Castell"][/caption] 月間ダイアリーはこんな感じに使っている。右側の広いスペースには、その月に読みたいと思っている本のリストを書き出しておく。読み終わったら、赤線で消しておく。 読み終わった日付のところに吉祥寺の文具店サブロー(36)で買った本のシールを、ぺたんと貼り付ける。そこに細書きのボールペンで本のタイトルを記入する。緑色でその月に読んだ本の冊数と年間累計を「7(142)」というふうに書いている。 余談だけど、今年は目標の150冊は難しいかも知れない。ギリギリのペースになっている。でも、本というのは数読めば良いわけではないので、149冊で終わっても、それはそれで良しとしたい。 ちなみに、今月読みたい本も全ては読めないだろう。ここのところ予定外の本を立て続けに読んでいるからだ。読めなかった本は、来年以降へ持ち越すことになる。1月のリストに入るかどうかは、気分次第なんだけど。 [caption id="attachment_4357" align="aligncenter" width="600" caption="2012 DATE BOOK & Faber-Castell"][/caption] 読書日記本文は、こんな感じ。ミドリの「MD notebook diary 2012」は、日付入りは月間だけなので、自分で日付を書き込んでいる。その分自由度が高い。ちなみに万年筆との相性は、MDペーパーなので悪くない。ファーバーカステル以外の万年筆との相性は、確認していないけど。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。