富士百景2011

富士百景

僕が今住んでいる町に、引っ越そうと思った理由の一つは、富士山が見える風景が気に入ったから。
北西に見える富士山と、その隣に見える大山の景色が、いいなと思ったからだ。
毎日ではないけれど、綺麗だなと思った日には、富士山の写真を撮っていることが多い。そういう日々の写真の中からいくつかをピックアップして、まとめてみることにした。

仕事の日には、夕焼けまでに帰って来ることはないので、休日でタイミングが良かった時の、こんな富士山の写真が残っていたりする。

満月の朝には、富士山と大山の間くらいに月が見えていることが多い。
そんなラッキーな朝の写真もある。

2011年の富士山の写真を見返してみたら、良いなと思うものは、11月と12月に撮ったものが圧倒的に多かった。
空気が澄んでいて、富士山が冠雪している時の方が、綺麗だと思うのだろう。

12月になると、晴れの日が多くなるせいで、一日中富士山が見えていることがある。
そんな時は、朝から夕方までの富士山の写真を撮ったりしていることが多い。
時々は写真を撮る場所も変わることがある。

鎌倉に出掛け、ハイキングコースの高台から撮った富士山が、上の写真。
鎌倉で撮った富士山の写真を集めてみたら、何枚あるだろうか。

冬晴れの日には、富士山がくっきりと見える。
いつもの散歩道から見える富士山も、とても綺麗だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA