閉じる

愛さなくてはいけないふたつのこと

[/caption] 松浦弥太郎さんのエッセイは、とても静かなエッセイだと思う。日曜日の夕暮れ時に美味しいコーヒーでも煎れて、ゆったりとした気分で読むのに良い本が多い。この本もゆったりとした気持ちで読むのが良い本だと思う。 人生には向き合わなければならないふたつのことがある。「不安」と「寂しさ」である。未来のことは予測が付かないから、それを不安に思う気持ちは避けられない。人は詰まるところ孤独な存在だから、寂しさとも向き合わなければならない。これが愛さなくてはいけないふたつのことだ。いろんなケースで、「不安」と「寂しさ」を感じる。そんな時どう対処したら良いのかについて、この本に書かれている。 抗うよりも受け止める方が良い場合が、人生には多いと思う。避けて通るよりも、むしろ受け入れた方が良いものが多い。「不安」と「寂しさ」もそうだと思う。だからこそ、「愛さなくてはいけない」のだろう。 (3冊目/2012年)]]>

愛さなくてはいけないふたつのこと」に0件のコメントがあります

  1. こんにちは
     「松浦弥太郎」さんの本を2年くらい前に買って
    そのまま「積ん読」状態になり 現在にいたってます。
    春風さんのこのblogを読ませていただいて ふと
    思いだしました。← 良かった、、
     今年こそは「平らに本を読もう」と決心して(笑)
    現在の「積ん読」は7冊、、春風さんの足元にも
    及びません← 読む量が追いつきませんが(^^ゞ
     自分のペースで読む予定です。これからも
    面白かった本など がんがんとアップしてくださいね
    よろしくお願い致します 

  2. ぶうこさん、コメントありがとうございます。
    松浦弥太郎さんの本は、大好きで良く読んでます。買ってすぐ読むことが多いので、積ん読本になりにくいですね。
    積ん読本7冊、いいですね。理想は読みたいと思った本を買って、すぐに読むことなんですが、読みたいと思う本と読むペースが合わずに、気が付いたら沢山の積ん読本がたまってました。
    読んだ本の感想はすぐに書くようにしています。参考になれば、とても嬉しいです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。