閉じる

まほろ駅前多田便利軒

[/caption] 前に読んだ三浦しをんさんの『まほろ駅前多田便利軒』ですが、とても面白くて印象に残っていましたが、続編の『まほろ駅前番外地』も買って大切に取っています。要するに積ん読になっているのですが、読みたいと思う本はすぐに読むと勿体ない気がしてしまう変な癖もあります。映画化されたということも知っていて、少し興味を持っていたのですが、結局映画館では観ませんでした。 お天気の良くないこの土日に何か観ようかなと思い、一昨日の会社からの帰り道珍しくレンタルビデオショップに立ち寄りました。その時に一番に目についたのが、このDVDでした。あまり迷わずに借りてみることにしました。金曜日の夜すぐに観るのではなく、昨日のお昼前に観ました。何故なら、夜観てしまうと必ず眠くなってしまうからです。早起きの弱点です。 昨日観てみて、夜観なかったのは正解だったと思いました。もともとゆるい話で、特にハラハラするような場面はあまりありません。友達の危機みたいな場面はあったと思いますが、それも小説の上ではハラハラした記憶も無いのです。むしろそういうことを一大事と受け止めてバタバタするような話ではなかったと思います。 映画と原作とどちらが良かったかと言うと、やはり原作の方です。比べるのは良くないかも知れませんが、そういう印象でした。もちろん、どちらも面白いし、むしろ映画化した方が良いみたいな小説もあります。原作が持っている良さを映画化して表現できないと、ちょっと残念な映画になってしまう気がします。そろそろ続編の『まほろ駅前番外地』を読むことにしたいと思います。]]>

まほろ駅前多田便利軒」に0件のコメントがあります

  1. こんにちは
     原作本を(続編と2冊)読み その後に
    映画館で観た・・・一人です。
     
     私も 原作本の方が良かったな・・!!という
    正直な気持ちです。映画は 観なくても良かったかも?
    なんて思ったりもしました (^^ゞ
     続編 読んだらアップお願いいたします。
    三日間 雨が降り続いた関東地方・・・
    晴れ間が 恋しくなりました(笑)
     それでは・・・

  2. ぶうこさん、コメントありがとうございました。
    やっぱり原作の方が良かったですよね。
    映画化が難しい作品だったのかも知れませんね。
    続編の方、多分来月になると思いますが、読んだら感想をアップしますので、ご期待(?)ください。^_^;

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。