閉じる

だれかのいとしいひと

[/caption] 『だれかのいとしいひと』は、僕が読んだ角田光代さんの小説だけで数えて、33冊目である。それでも追いつけないほど、角田光代さんという作家は沢山の本を書いているし、書き続けている。こうなったら全部読んでやる、そう決心しているのだけど、残りは今のところ12冊になったところである。 『だれかのいとしいひと』は、8編の短編小説集である。どの短編を取っても、角田光代さんらしい小説だと思って読んだ。33冊も読んでいると、そうなる。主人公が心の中で思うことが、蕩々と綴られている。ひとつひとつは切れ目のある短い文章だけど、それがどこまで続くのか分からないほど長く続いて行く。そういうところが特徴で、決して読みやすく感じないのだけど、鋭い描写であって、角田光代さんらしさにほっとしたりするのである。 単行本が出版されたのが2002年頃のことだから、初期の角田光代さんらしい短編小説集だろう。短編の中でどれが良かったか、という順位は付けがたい短編ばかりだったと思う。 (27冊目/2012年)]]>

だれかのいとしいひと」に0件のコメントがあります

  1. 春風さんが「角田光代さんらしい小説」というこの本、読んでみたいです。
    角田さんの本は、まだ2冊ほどしか読んでないのですが、
    女の心の黒い部分を、引き出しているようで、読んでいて胸がちょっぴり痛くなってしまいます。。。
    あと『捨てる生き方』も読んでみたいです。
    いろんな物を持ちすぎているので、少し身軽になりたいなぁ。

  2. 小夏さん、コメントありがとうございます。
    角田光代さんの代表作と言うと、この本の少し後に出版された『空中庭園』とその後直木賞を取った『対岸の彼女』、この2冊がお勧めかも知れません。この本も角田光代さんらしい本だと思いますが。
    『捨てる生き方』は幅広い分だけ、それぞれが浅い気がします。物の整理に関してなら、『断捨離』やかなり売れている『人生がときめく片づけの魔法』などが良いかも知れません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。