閉じる

シゴタノ!手帳術

[/caption] 久々に手帳術の本を読んだ。結構好きなジャンルなので、新しい手帳術の本を読むと、買いたくなる。 シゴタノ!というブログがあって、仕事を楽しくすることを目的としたブログなのですが、そのブログに参加されている倉下忠憲さんと北真也さんが書かれた手帳術の本が、『シゴタノ!手帳術』なのです。仕事を楽しくするための手帳術の本と言うわけです。 倉下忠憲さんと北真也さんそれぞれの手帳術が紹介されている本ですが、お二人とも「ほぼ日手帳カズン」のユーザーです。アナログ手帳とiPhoneアプリを使い分けて、スケジュールやタスク管理、ライフログを記録する方法について書かれています。フランクリンプランナーやGTDなどの手法も取り入れられています。北真也さんの方が、ほぼ日手帳をスケジュールやタスク管理として持ち歩いて活用されており、倉下さんは自宅に置いておきライフログを記録されています。 僕がやりたいと思っているのは、ライフログなので、倉下さんの活用方法がとても参考になりました。月間ページの使い方や、年間インデックスの使い方などはやってみたいと思っています。ライフログを続けるためには、やはり誰かの真似だけではなく、自分なりのやり方を見つける必要があります。自分のやり方を見つけようとしている僕としては、非常に参考になったと言えます。 手帳術は僕の大好きなジャンルの本だけに、とても楽しく読むことができました。小説やエッセイばかり読むのではなく、たまには、こういう本を読んでみたくなります。 ( 44冊目/2012年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。