閉じる

PILOT Capless デシモ

[/caption] 誕生日を名目にして、欲しかった万年筆を1本買いました。PILOTのCaplessデシモです。普通のCaplessよりもスリムで軽くなっているタイプのようです。 [caption id="attachment_5378" align="aligncenter" width="600" caption="PILOT Capless デシモ"][/caption] ノック式と回転式のCaplessがあるようですが、この万年筆はノックをしたら意外なところからペン先が顔を出します。クリップ側から出て来るのです。反対だったら、ポケットにペンを差した時にインク漏れの可能性があるからでしょう。ポケットに差した時には、上を向いていた方が都合が良いのだと思います。 『文具の流儀』でも取り上げられていましたが、こういうタイプの万年筆を作る技術は、PILOT以外のメーカーにもあるようですが、この価格(定価10,000円〜18,000円程度)で実現できるのはPILOTだけだから、PILOTしか出していないそうなのです。通常の万年筆よりもいろんな工夫があって、実現できている気がします。 ペン先は極細を選択しました。手帳用の万年筆にしたかったからです。ノックすることですぐに書ける特徴は、どこでも手軽に書ける万年筆と言うことになるので、手帳用には向いていると思うのです。もちろん、キャップ式でもそんなに手間はかからなくて、わずかの違いなのですが、片手しか使えない時はこちらの方が使い易そうです。 ちなみに赤を選択したのは、僕が持っている万年筆には無い色だったからで、同じ赤でも僕の好きな色合いだったせいでもあります。ずっと大切に使いたいと思っています。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。