閉じる

まひるの散歩

[/caption] 某サイトで新刊チェックを登録していて、新刊のお知らせが届いた時には、すぐに読もうと思った本だ。実際に買ってすぐに読み始めた。予想どおり面白い。 前に『よなかの散歩』という本を読んで、とても面白かったことを覚えていた。だから続編のこの『まひるの散歩』も面白いに違いないと思って、迷わず買った。そして期待どおり面白くて、同感できて、こんなエッセイはとても素敵だなと思った。 どうしてこのエッセイ集が好きなんだろう。本の帯にもあるけれど、「私たちの日々は、ちいさくてささやかなことが支えているのかも知れない。」ということを角田光代さんは拾い上げてくれるのだ。つまり、僕が同じような体験をしていても気付かなかった、ちいさくてささやかなことを拾い上げて、エッセイの形にして読ませてくれるから、このエッセイ集は僕にとって、とても面白いエッセイ集だと思えるということだ。 なかなか見つけ出せない「ちいさくてささやかなこと」を拾い出してみることを始めてみたくなる、とても素敵なエッセイ集だと思う。もちろん、次のエッセイ週も大いに期待している。 (63冊目/2012年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。