閉じる

桐島、部活やめるってよ

『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ[/caption] 初めて読む朝井リョウさんの作品。部活をやめる桐島と微妙にからむ男女6人の高校生の視点で描かれた物語。特にストーリー展開があるかと言うと、そんなに無かった気がします。物語と言うよりも、男女6人の高校生の心情を描いた小説で、ところどころ高校生の気持ちというのは、こういうものなんだろうと思える部分があったりする。 『桐島、部活やめるってよ』はまさに今どきの高校生はこんなのだろうなと思う部分と、自分自身の高校時代のことを思い出して、わずかかも知れないけれど共感できる部分もあったりする。そういう部分では、今どきの高校生の生活や気持ちをうまく描いた小説なんだろうなと思いました。朝井リョウさんの他の本をもう1冊くらい読んでみたいような、そうでもないような、ちょっと微妙な感じです。 (68冊目/2012年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。