閉じる

それでも仕事は「好き!」で選べ

『それでも仕事は「好き!」で選べ』田中和彦[/caption] 仕事を「好き!」で選ぶことによって、目標が快感になり、時間の密度が濃くなり、自分だけの幸せに気付くということ、これが『それでも仕事は「好き!」で選べ』の主旨です。もちろん、そのためにどうしたら良いかと言うことが書かれています。 こういう本を時々読みたくなります。個人的には「ノウハウ本」が一番近い分類と思っていますが、「自己啓発本」と言う方が一般的かも知れません。いずれにしても、時々読みたくなって読むのですが、読み終えると物足りなさを感じたりすることが多いのです。或いは、読み終えて実践しようと思うのですが、なかなか実践できずに再読本候補になってしまいます。 読んだことは熱いうちに消化しないといけないのでしょう。消化とは、自分なりのやり方で実践する方法を考え、実践してみることです。そういう意味で、この本の是非実践してみたいと思うことを挙げておきましょう。 そもそも自分自身にとって「本当に好きなこと」が、わかっていないのかも知れません。この本に書かれている4つの法則で、発見するのがまず先です。次に「好き」が仕事になるものなのかどうかを検証する必要があります。ネットサーフィンが好きでも、ネットサーフィンそのものが仕事になるようなケースは稀だと思います。 検証が終わったら、「好き」に近づくために3つの柱で戦略を練ります。キャリアの地図を描き、キャリアの差別化を行い、キャリアの幹から枝を伸ばすのです。そして「好き」に近づくこと、つまり夢を叶えるための5つの原則を実践します。強く願い、目標を可視化し、期限を設定し、やる気を継続する工夫をし、最後まで諦めずに実践するのです。 こうして書いていると、もう実践できた気になりますが、小さなことをコツコツと積み重ねて行くことこそ、「好き」や「夢」への近道なのです。 ( 83冊目/2012年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。