閉じる

冬至 乃東生ず

一昨日の朝の空[/caption] これは、一昨日の朝の東の空の写真なんですが、雲が多いお天気だと本当に真っ暗です。何とか遠くから太陽の光が届き始める時に、散歩が終わる感じでしょうか。 でも、今朝もがんばって行って来ます。ほんのちょっと約15分くらいの散歩ですが、続けることに意味がある、そんな気がします。 で、七十二候ですが、「乃東生ず」という難しい言葉になっています。乃東というのは、うつぼぐさのことのようで、冬の真っ盛りなのにうつぼぐさの芽が出てくる頃なんです。冬だからこそ、芽生える草のことにしたのか、真冬の寒さも春が近づいているということなんだなと思ったりします。 さて、今朝の空はどんな空なのか、楽しみです。あと約30分後に散歩に出掛けます。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。