閉じる

シルバー川柳

『シルバー川柳』社団法人全国有料老人ホーム教会

本のタイトルの一部になっている川柳を見ただけで、面白そうだなと思って買ってしまいました。世の中にはこんな短い言葉で、こんなことを表現出来る人が大勢いらっしゃるのだなと感心してしまいます。サラリーマン川柳もそうですが、この『シルバー川柳』はもっと深刻な問題をテーマにした作品が沢山あります。笑えるんだけど、笑い事ではないようなテーマがほとんどかも知れません。

老いるということは大変なことです。いろいろな体調の変化があり、それはどんな人もいつかはやって来る、避けられない宿命です。そんな大変なことを、面白おかしく短い言葉にまとめているのが、シルバー川柳なのです。扱う題材は、深刻かつ場合によれば暗くて、マイナスなことばかりです。でも、シルバー川柳のひとつひとつを読んでいると、そういうものを受け止めて、前向きに、元気に、明るく生きようとするパワーを感じます。

やがては訪れる老いに対して、怖いとか、不安だとかそういう気持ちを持つのは当然だと思います。そこから一歩踏み出して、あらゆるものを一端受け止めて、前向きに対処できる覚悟が必要なんだろうなと、老いる時期がそう遠くない者として痛感させられます。
(154冊目/2012年)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。