閉じる

引き算ではなく、足し算の生き方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 昨日の朝だったでしょうか、ふとこんなことを思いました。 「今日一日がんばれば、休みになる」と。こう思った瞬間に、これは引き算ではないかと思ったのです。 月曜日には、あと5日と思うこと、水曜日には3日、金曜日が1日、そして今日土曜日は0なんです。 「夏休みもあと1週間か」みたいな、カウントダウン的な生き方って、良いのだろうかと思ったのです。 今日は30ページ、明日も30ページ、10日間経てば300ページの本を1冊読めます。これが足し算です。 引き算はあと270ページ、あと150ページ、最後は0なんです。 今日30ページでも、明日40ページになって、明後日は50ページかも知れません。ある程度読んだら、先へ先へと読みたくなるから、ページも進んで行く、あの感触です。 これは掛け算に近いのかも知れません。 積み重ねて行く生き方をしたいと思います。そうすれば最後には、高い山ができるのです。 逆だと最後は0なんです。 飽くまでも例えて表現しただけですが、「あと何日」みたいな感覚はどちらかと言うと消極的な感じがします。 「これだけ積み重ねた」と言うと、ぐっとポジティブな感じがします。 時間は削って行くと無くなります。時間を積み重ねると、その先には、何かができる気がするのです。 ちょっとした思い付きですが、とても大事なことなので、忘れないためにも、ここに残しておきます。  ]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。