閉じる

『鎌倉の寺社122を歩く』槇野修

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎌倉歩きが趣味なので、時々鎌倉に関する本も読んでいます。11月24日にある鎌倉観光文化検定を受検する前なので、復習をかねてこの本を読むことにしました。

読んでいると、これまで歩いたことのある寺社やその周辺の景色を思い浮かべることができ、この本と一緒に鎌倉の寺社を歩いている気分になり、とても楽しい読書でした。本当はもっとじっくりと、少しずつ読み進めて行こうと思っていたのですが、同時に読んでいる『羊をめぐる冒険(上)』よりも先に読み終えることになりました。

[決定版]鎌倉の寺社122を歩く』は、鎌倉の寺社の歴史を知るには、とてもコンパクトにまとまっていて良い本だと思います。鎌倉のエリア毎に、寺社の歩き方やコースなどにも触れているので、この本のコースどおり回るのも良いと思います。実際に歩いてきた者の視点で見ても、的確なルートだと思えるものばかりでした。ルートとしては18掲載されているので、18日かけると122の寺社を巡ることができそうです。

ほとんどの寺社は、訪れたことがあるのですが、改めてこの本に沿って、鎌倉を歩いてみたいと思います。
(100冊目/2013年)

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 Shin's Notebook | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。