閉じる

「鎌倉を学ぶ」計画

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 鎌倉観光文化検定については、解答が発表されたので、改めて採点してみると、68点とやはり不合格でした。2級をなめていたことが敗因なんでしょう。 そこでこれから1年間の「鎌倉を学ぶ」計画を、ざくっと立ててみました。 まず使うテキストは、4冊程度。『かまくら子ども風土記』は、子ども向けのようですが、実は一番詳しい本です。『鎌倉の寺社122を歩く』の122の寺社を改めて実際に回ることにします。寺社に関することだけが出題されるわけではないですから、『鎌倉観光文化検定 公式テキストブック』は、ボロボロになるまで使い倒します。出題範囲になっている『読んで分かる 中世鎌倉年表』も忘れてはなりません。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA さて、実際に寺社を巡る計画ですが、122を目標として2週に1度鎌倉へ出掛けるということにすると、1回あたり5つの寺社を回れば良い計算になります。だいたいこのペースで巡ることにします。 出掛ける前には、予め本を読んでモレスキンノートにメモするなど、予習をしておきます。そして実際に回ってみて、ポイントになるものは写真も撮っておきます。帰って来たら、鎌倉に関するホームページを作り、復習をしておくことにします。 試験対策に関しては、最低1か月前から始めることにします。やり方はその頃に決めることとします。 だいたいこれがザクッとした計画です。本だけでなく、実際に訪れ、写真も撮って来ることで記憶に残したいと思っています。]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。