閉じる

『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA まほろ駅前シリーズ第三弾。期待どおり、やっぱり面白かった。 いつもの奴らが、バラバラに動いていたかと思ったら、駅前に大集結して大騒ぎする。そういうドタバタ感も、スリリングで面白い。特に今回の『まほろ駅前狂騒曲』では、多田と行天のコンビそれぞれが持っている心の傷が、少しずつゆっくりと癒されてきている感じがする。ふざけているようで、かなり気になる行天のせりふもある。 物語も乗ってきた感がする作品だったから、このシリーズはしばらく続きそうだ。次作に乞うご期待。 (20冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。