閉じる

『小暮写眞館(上)』宮部みゆき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 実はこれが、初めて読む宮部みゆき作品。売れっ子の作家さんだし、興味はあったのだけど、これまで1冊も読んだことが無かった。 『小暮写眞館』は、単行本が出た時にすごく気になっていたのだけれど、文庫化されてやっぱり読んでみたいと思った作品です。上下巻それぞれ2つずつの話に分かれていて、全部で4話ある。木暮写真館で現像された不思議な写真と、その写真に隠された家族の話が展開される。謎を解くのが、主人公の英一である。怖い話ではなく、心温まる話だ。 それぞれの話に分かれてはいるが、それぞれに何らかの繋がりがあるのだろうか、最後の話はどんなだろうか、そう思うと先が気になってしまう。上下巻で約千ページの長編なので、読み応えは十分ある。 (27冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。