閉じる

『THE BOOKS』ミシマ社編

OLYMPUS DIGITAL CAMERATHE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』は、365人の本屋さんの店員の方が選んだ「この1冊」を365日分集めた本です。本屋さんで見かけるPOP広告風の手書きのひと言が印象的ですし、それぞれの方の熱いメッセージが伝わって来る短い書評は、紹介されている本を全部読みたい気持ちにさせます。オススメの本のジャンルは様々で、好みのジャンルではないものもありますが、そういう本にも興味をそそられてしまいます。 そしてミシマ社の営業担当者が、本屋さんを紹介する文章も掲載されていますが、全国365の本屋さんを訪れてみたくなります。よく百名山を制覇するみたいな方がいらっしゃいますが、365の書店を制覇したくなるのです。もちろん、行ったことのある本屋さんが出てくると、思わず親しみを持って読んでいる自分が居ますし、紹介している本にまで過剰な思いを抱くことさえあります。 この本は最初から最後まで読む本ではなく、気侭にページを捲り、気に入った本は読んでみるような本だと思います。気侭に読もうと思っていたら、きっと全部のページを捲り終わることも無いと思うので、今回全部読むことにしました。これからは、本棚に置いておき、新刊本以外の本を読みたくなったら、この本を捲ってみることにしたいと思っています。 (47冊目/2014年)]]>

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 しんの雑記帳 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。